【レビュー】 スーパーバーコードウォーズ 聖機兵物語 【ガンダム】

LCDゲーム
2

スーパーバーコードウォーズ 聖機兵物語
メーカー:スーパーバーコードウォーズ 聖機兵物語
メーカー:バンダイ  発売年:1992年


スーパーバーコードウォーズ 聖機兵物語
バーコードバトラーの競合品
スーパーバーコードウォーズ 聖機兵物語
バーコード読み取り機能は「マルチスキャニングシステム」を搭載
カードを通す速度や通し方によって、バーコードから読み取る能力値が変わる。
尚、専用カードの数値は変化しません。
バーコードの読み込みミスはバーコードバトラーより多いです。
GAMEの遊び方
ゲームには3つのモードがあります。
GAME1
専用カードを使わず、商品のバーコードなどを読み込ませてバトル
カードは最大5枚まで入力出き、データが累計される。
プレイヤーは自ターンに攻撃、防御のいずれかを選択して戦闘を行う。
相手のHPを先に0にした方の勝利
GAME2
スーパーバーコードウォーズ 聖機兵物語
専用カード使用
両プレイヤーの初期能力は同じ。
各プレイヤーに3枚カードを配り、残りは裏面にして山札にする。
ゲーム開始前に1度だけ手札を山札から交換出来る。
ゲーム開始、3枚の中から1枚だけデータを読み込まして、入力が終わったカードは山札に戻す。
(読み込ませたデータは相手の能力を下げるか、プレイヤーの能力を回復させる。)
バトル方法はGAME1と同じ
GAME3
スーパーバーコードウォーズ 聖機兵物語
コマと
スーパーバーコードウォーズ 聖機兵物語
ボード、専用カードを使用 1~4用
すごろくゲーム
各プレイヤーがコマとプレイヤーカードを受け取る。
スーパーバーコードウォーズ 聖機兵物語
ゲーム開始、プレイヤーカードを読み込ませると、移動力が表示され、その数値分マスを移動する。
マスにはアイテムが貰える、敵キャラクターとのバトルなどがあり、マスの指示に従う。
敵に勝つと能力値が上がる。敵に負けるとスタートから。
内週マスにいるボスを1番最初に倒した人の勝利
ゲーム自体はバーコードバトラーと近しいですが、こちらの方が後発だけあり、ゲーム性が良いです。
GAME3のすごろくから差別化の心意気を感じます。
ですが、ゲーム機本体のデザイン、ゲーム性といい、どうしても二番煎じ感が払拭出来ません。
敢えて似せているのでしょうが。
こちらはバーコードバトラーと違い版権キャラクターを使っていますが、そういう面は間口を狭めてしまったのかもしれませんね。
スーパーバーコードウォーズにはの聖機兵の他にドラゴンボールバージョンもありました。
   

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
あー・・・
持ってましたコレ。
今見ると、液晶しょぼいですね(;一_一)

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
> うちわさんへ
こんばんは(^^)
お久しぶりです!!
所持されていましたか。
文字映すのには支障ないので、これくらいで良いかなと思います(^^)

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LCDゲーム
2
【レビュー】 GAME MACHINE 108 in 1 アップライト筐体のゲーム機

名称:GAME MACHINE 108 in 1 アップライト筐体のゲーム機 メーカー:エール  販 …

LCDゲーム
2
ファミコンおすすめソフト

前記事はおすすめアクションゲームでしたが、今回は多ジャンルです。 ファイナルファンタジーⅢ  ジャン …

LCDゲーム
2
おすすめファミコンソフト アクション系

以前ファミコンの記事を2つ書きましたが修正します。 所持している全ソフトを紹介しようと思いましたが、 …