【ちょこっとレビュー】 ガンダム ミニフィギュアセレクション

食玩

名称:MOBILE SUIT GUNDAM mini figure selection
メーカー:バンダイ  発売年:2001年~  玩具形態:食玩
主に宇宙世紀シリーズを扱ったガンダムのミニフィギュア「ミニフィギュアセレクション」です。
ガンダム ミニフィギュアセレクション
大きさは台座を入れても単2乾電池程度と小さいですが、とても精巧に作られています。
少し渋めのラインナップに加え、フィギュアの出来が良かったので、多くのファンがいました。
フィギュアに動きがある造形が多いのも特徴と思います。
ガンダム ミニフィギュアセレクション
フィギュアには、通常カラーのシルバーの他に、色違いのレアカラー、
ガンダム ミニフィギュアセレクション
シークレット、
ガンダム ミニフィギュアセレクション
スーパーレアカラーと呼ばれる、綺麗に彩色されているのがありました。
このスーパーレアカラーは高額で取引されていて、当時はディスプレイケースで1万円辺りの価格が付いていました。
現在は随分と価格が落ち着きましたが。
以下から所持している物を載せます。
シリーズ毎のラインナップや、どれがシークレットか憶えていないので、機体の名前だけを記述です。


ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンキャノン重装型  ガンダムEz-8  陸戦型ガンダム
陸ガンのランドセルに武器が色々ぶら下がっていますがアレンジでしょうか?
四角い箱よりカッコ良くなっています。
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ジム  ジム・スナイパーカスタム  陸戦型ジム
陸戦型ジムとジムスナイパーカスタムは特に気に入っています。
陸ジムは、ミサイルランチャー装備ポーズが個人的にはベストです。
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンダム ミニフィギュアセレクション
グフ
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンダム ミニフィギュアセレクション
シャア専用ザクⅡ  ザクⅡJタイプ
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ゴッグ アッガイ ゾック
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ズゴック  ビグザム
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ザクI  ザクキャノン  プロトタイプドム  ゲルググ
ガンダム ミニフィギュアセレクションガンダム ミニフィギュアセレクション
グルググマリーネ(指揮官機)  ゲルググマリーネ
ガンダム ミニフィギュアセレクションガンダム ミニフィギュアセレクション
ステイメン  ノイエジール
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンダム ミニフィギュアセレクション
デンドロビウム
このシークレットは大きいので、分かる人は袋から触れば当てられたようです。
私も親友に当ててもらいました。
ガンダム ミニフィギュアセレクション
本当に小さいステイメンまで造形されています。
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンダムMk-Ⅱ  メガライダー
ガンダム ミニフィギュアセレクションガンダム ミニフィギュアセレクション
百式  メガバズーカランチャー
ガンダム ミニフィギュアセレクションガンダム ミニフィギュアセレクション
マラサイ  パラスアテネ
ガンダム ミニフィギュアセレクションガンダム ミニフィギュアセレクション
Zガンダム  ウェブライダー
ガンダム ミニフィギュアセレクションガンダム ミニフィギュアセレクション
ゲーマルク  ドラッツェ
ガンダム ミニフィギュアセレクション
ガンダム ミニフィギュアセレクション
サザビー  リ・ガズィ
ガンダム ミニフィギュアセレクションガンダム ミニフィギュアセレクション
ストライクガンダム
通常のラインナップでは唯一のUC以外の機体。
当時はまだストライクの造形物は少な目でしたから、新鮮味があり、当たり感もありました。
OPのポーズもカッコよく決まっています。
UC以外の機体は、未所持ですがシークレットでウイングガンダム ゼロ カスタムがあります。(現在はEW版というのが主流でしょうか?)
ガンダム ミニフィギュアセレクションガンダム ミニフィギュアセレクション
シャア専用ザクⅡ  スーパーレアカラー
他が単色の中でこの綺麗なカラー。
凄く存在感と特別感があります。
本当によく出来ています。
これぞスーパーシークレットという扱いに相応しかったです。
機会があればスーパーレアを全部揃えたいのですが、難しいだろうなと思います。
人気シリーズで第7弾まで続き、その後はミニフィギュアセレクション プラスという、カラー版が発売しました。
プラスは次の記事に続きます。
開封した時の何ともいえない、身体に悪そうな臭いも、このシリーズの特徴でした。
この小さいフィギュアの改造、塗装がネットで結構見られ、一部の方に流行っていたようです。
このサイズを塗るのはまさに職人芸。
ガンダムの物を作る方には、こだわりにこだわりを重ねる、精巧に作る技術者が多いですよね。
ネットで画像を見るたびに、圧巻の一言です。
実物を見ればもっと凄いのだろうなと思います。
   

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

可動フィギュア
2
【レビュー】 掌動 SHODO 仮面ライダーVS6 【食玩】

名称:掌動 SHODO 仮面ライダーVS6 メーカー:バンダイ 発売年:2017年 玩具形態:食玩( …

可動フィギュア
【レビュー】 掌動 SHODO ウルトラマンVS2 ヴァーサス 【食玩】

名称:掌動 SHODO ウルトラマンVS2 メーカー:バンダイ  発売年:2017年 玩具形態:食玩 …

食玩
【レビュー】 66アクションダッシュ ROCKMAN ロックマン

名称:66アクションダッシュ ROCKMAN ロックマン メーカー:バンダイ  発売年:2017年 …