【レビュー】 デッドヒートゲーム 【トミーのバイクおもちゃ】

色々な玩具
2

デッドヒートゲーム
名称:デッドヒートゲーム  メーカー:トミー  発売年:1970年代?
単1乾電池1本使用
出先のついでに、玩具を探しに久しぶりにリサイクルショップへ行きました。
かなり昔の物と思いますが、たまに見かける『デッドヒートゲーム』
こんな古い物と何度も合うとは縁があるなと、買って帰りました。
という事で、デッドヒートゲームの紹介記事です。


デッドヒートゲーム
スタートの飾りパーツが破損、樹木と説明書の欠品でしたが、状態は良かったです。
デッドヒートゲーム
デッドヒートゲーム
デッドヒートゲーム
デッドヒートゲームは、この電動コースパーツのベルトの上にバイクが乗ったら、ベルトの回転と共に坂を登り、登った後は坂から降りながら走ってきて(戻ってきて)また登る、観賞玩具です。
真ん中の突起がスイッチです。
デッドヒートゲーム
コースパーツにはアルファベットと数字が書かれているので、順番道理に並べるとコースが完成します。
デッドヒートゲーム
コースを支えるパーツも、アルファベットの場所に挿すだけなので、説明書を見なくても組み立てられる丁寧な作りになっています。
デッドヒートゲーム
コースドレスアップパーツの、フラッグと樹木。
この樹木は恐らくトミカタウンと同じ物。(見比べてないですが非常に近しいです。
こういう所で他の玩具との接点が見つかると面白いです。
デッドヒートゲーム
4色の人が乗ったバイク
デッドヒートゲーム
レースという事なので、風の抵抗を受けないように身体を下げたデザイン。(ライダーさんなら体験されていると思いますが、姿勢による空気抵抗の差でかなり速度は変わりますよね。
デッドヒートゲーム
金属製のよく滑るローラーがついていています。
デッドヒートゲーム
電動コースパーツで坂を上がる際に、コースパーツ中の磁石とバイクの金属がくっ付き、車体を安定させています。
電動コースパーツの上がりきる付近で、磁石の力が弱くなり、スムーズにコースへ移行出来ます。
ですが、弱まった時にバイクが落ちる(下がる)事もあります。
デッドヒートゲーム
デッドヒートゲーム
カウンター
コースセレクターは、円形の紙を回すと四角形の内の色が変わり、セレクターの色と同じ場所にバイクをセットします。
ラップカウンターは、バイクが通るとカウンター下部にある歯車?とバイクが擦れてカウンターが回ります。
デッドヒートゲーム

緑の人のバイクだけ、ローラーがスムーズに動かなくなっていました。
この玩具は、最初に書きましたが、遊ぶというより見るものです。
バイクがコースアウトしない速度で設計されている所が凄いです。
速度が出過ぎるとコースアウトし、遅すぎると届かない。
バイクのローラーや、コースの傾度など、また、電動コース部分での磁石の離れ方もしっかりと計算されています。
難点は、かなり電動コースの音がウルサイです。
見るだけの玩具で、古い事もあってレース感は楽しめませんでしたが、動く事がシンプルに楽しいです。
こういうのが進化してビッグローダーが出来たのではないかと思います。
予断ですが、購入前に中身を確認させて貰い、購入時のレジで店員が何かを落としました。
拾って入れているのを見て、まぁ大丈夫かなと帰宅。
開けてみたらバイクが足りてない!!
普段は安全運転ですが、猛ダッシュでバイクを飛ばしながら、再度お店に。
行ったら閉店していましたが、少し自動ドアが開いていたので、お店に入って理由を話、一緒に探してもらいました。
見つかったと声を掛けられ、どうやらレジの下に落ちていたようです。
かなり謝られましたが、レジの対応は違う人(見つけてくれたのは中身を確認させてくれた人)という事と、一安心だったので、特に怒る気持ちになる事は無く、何か無事に見つかった事が逆に嬉しかったです。
今回は何事もなくて良かったですが、落とされたとか何かあった場合はお互い嫌な思いをしないように、やっぱり話をして確認する事が大事ですね。
   

SECRET: 1
PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
小学校ぐらいの時に母に買ってもらいました。
自分の家は、父が厳しい、というか、超がつくほどのどケチで、おもちゃなんてのは、ほとんど買ってもらったことがなかったのですが、たまたまでかけたデパートにうっていて、やたらほしくなり、母を困らせない程度に欲しがったつもりが、なんとあっさり買ってくれて、嬉しいやらビックリするやらで、その時の印象がすごく記憶にあります。
というか、このおもちゃって、一体、いくらだったんでしょうか???今考えると、母は多分、父に怒られるのを覚悟して買ってくれたと思うと、すごく知りたいです。

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
それはまた深く記憶に残った良い思いでなのでしょうね。
私はこの玩具の世代でなく生まれてもないので値段は分からないです。
80年代のビッグローダーというジャンルの近しい玩具が4000円近辺だったので、これくらいの値段だったのでは無いかと予想をします。
凄く優しいお母様なのですね(^^)

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

色々な玩具
マクドナルド ハッピーセットのおもちゃ

  この記事は90年代から登場した版権キャラクター達のハッピーセットの玩具です。 当初は海 …

色々な玩具
マクドナルド ハッピーセット(お子さまセット) マクドナルドキャラクターのおもちゃ

  私の記憶が間違っていなければ、マクドナルドのハッピーセットは1995年くらいまでは「お …

色々な玩具
【レビュー】 ファーストママ 洗えるせんたくき おもちゃの洗濯機

名称:ファーストママ 洗えるせんたくき メーカー:ツクダオリジナル 子供用の洗濯機です。