【熱帯魚水草水槽】90cm水槽を底面フィルターで立ち上げる②

スーパーパル
アクア

私は初めて魚を飼った時は上部フィルター、水草水槽で候補に挙がりやすい外部フィルター、小型水槽で外掛けフィルター、底面フィルターと、メーカーは置いといて4つの種類のフィルターを使いました。

 

私と相性が良かったのか、水草がよく育ち、藍藻もあまり出なかったのは底面フィルターでした。

なので、今回は底面フィルターで水槽を立ち上げる事にしました。

 

スーパーパル

底面フィルターはスライドベースフィルターを所持していますが、動作音が気に掛かります。

そこで、箱に‘音が消えた”と記載されているスーパーパルにしました。

 

 

スーパーパル

使ってみると、音は消えずに、スライドベースフィルターと変わらないくらいの動作音がします。

ちょっと残念でした。

 

底面のスノコの様なプラパーツ、このままでは90cm水槽を敷き詰めるのには足りません。

同メーカーのバイオフィルターのスノコなら拡張出来るかなと購入しましたが、微妙に形が違いました。

無理につなぎ合わせられたので、それで使う事に。

 

 

ニッソースーパーパル

フィルターの上に濾材と活性炭、パーライトと富士砂を入れました。

この上にソイルを敷きます。

砂とソイルを一緒に入れるのは良くないと耳にすることもありますが、自然の川や田んぼは土と砂が混ざってるので、ある程度は混同した方が良いのではと砂を入れました。

富士砂にしたのは鉄分が含まれているので、何となく良いかなと、そんな安易な理由です。

 

ソイルは水草一番サンドにしました。

粒が硬くて底面フィルターに使えるからです。

ソイルは16キロ使用しました。

 

 

底面フィルター

ろ過の助けにミミズを4匹入れました。

ミミズは探すと意外に見つかり難いですね。

2年間くらい外の水槽でミミズを飼っていましたが、水中に適応する事を確認しました。

水草もよく育っていたので、効果はあるのではないでしょうか。

水槽に入れても目にする機会はそう多くないので、見た目が苦手な方でも大丈夫ではないでしょうか。

 

 

ピートモス

PHを下げるピートモスはインターネットで長繊維を購入しました。

ストッキングに入れて水槽内に入れましたが、水槽内を汚すことなく沈みました。

 

 

 

藍藻を食べる貝類は何を入れようかな、昔TVでカワニナは増えないと言ってたからカワニナにしようと採取して入れたら、

 

カワニナの食害

見事に水草が食害されました。

葉が硬いミクロソリウムもこの通り。

かなりのスピードで増えるのでコケ取り要因としては使えないです。

 

タニシはどうかな、昔育てていたタニシはグロテスクだったから止めようかなと調べていたら。

私が昔育てていたタニシ、ジャンボタニシは通称ジャンボタニシで正確にはタニシでは無かったです。

どうやら国産タニシはコケ取りの他にろ過能力もあるスペックが高い生き物の様なので、探して採取してきました。

 

RIMG0380 (2)

ヒメタニシでしょうか。

 

RIMG0382

カタツムリのようです。

今の所水草の食害は特に見られません。

ですが、カワニナほどでは無いですが、それなりのスピードで増えます。

大きさがそこそこあるので取り除くのは簡単ですが。

 

 

照明は、水草を育てる上で最も大事な要素だと思います。

なので、大奮発して業務用のをオーダーしてみることにしました。

次の記事に続きます。

 

照明をオーダーしている間に待ちきれなかったので、60cmのライトを置いて水槽を楽しんでいました。

RIMG0427

RIMG0383 (2)

RIMG0428

RIMG0430

植物が水槽いっぱいに育つのが楽しみです。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DSC00215
アクア
【熱帯魚水草水槽】 ledライトでの途中経過⑥

コケの発生も多く、何より水草が成長してないという状態になってしまいました。 エビはコケ抑制に若干役に …

DSC00003
アクア
【熱帯魚水草水槽】 ledライトでの途中経過⑤

  大変なほどコケが発生していました。

RIMG0428
アクア
【熱帯魚水草水槽】LEDライトを使った水槽の途中経過の記事④

    LEDライトを使って約2週間、水槽の途中経過の記事です。   …