【レビュー】 ミクロナイト 復刻版 ミクロマン

可動フィギュア

DSC00070

名称:復刻版 ミクロマン ミクロナイト

メーカー:タカラ  発売年:2000年

 

 

1978年に発売したミクロナイトの復刻版です。

 

 

 

DSC00071

フルプレートアーマー姿のフルメッキミクロマン

 

復刻版ミクロナイトは6色あり、上記はMC8(シルバー)

 

ミクロナイトの設定は

宇宙の彼方から地球を守るためにやってきたポリスキーパーが、邪悪な宇宙人アーデンを倒す為に開発した人間型超高性能ロボット。

 

 

DSC00072DSC00073

ゲートから切り離した箇所にはメッキが無く、黒い切り離し跡が見られます。

可動域は狭いですが。手首、肘、方、首、腿、膝、足の甲と可動箇所は多めです。(次記事に可動域の写真を載せます。

 

 

DSC00075DSC00076

デザインが細部まで細かく彫られています。

兜飾りは立派でカッコイイですが非常に脆く、ミクロナイトを倒してしまったら折れてしまいました。(2体折ってしまいました。

 

 

DSC00077

全体的に西洋の騎士な造形ですが、足だけSF感、ロボット感があります。

 

 

DSC00079

付属アイテム

ミクロランサー:先端のドリルは重力衝撃波を発生させてあらゆる物を破壊できる。ミクロナイトの能力を最大限に引き出す道のパワーが秘められている

ミクロソード:剣自体が重力や余分な抵抗を軽減させる加速装置になっている。

 

ミクロランサーとソードは復刻版から追加されたアイテムのようです。

盾やビームガン?に名前や設定があるかは分かりません。

 

これだけのアイテムが一番上写真のプラケースの中にミクロナイトと一緒に入っているので、詰め込まれた状態になっています。

私はメッキが剥がれないように別々に分けて保管しています。

 

 

DSC00082

 

 

DSC00083

腿にある穴にミクロソードとガンを差し込んで携帯させられます。

 

 

DSC00084

 

DSC00087

番号を順に並べてないですが、

MC8(シルバー) MC10(ブラック) MC12(カッパー)

 

シルバーはオーソドックスな騎士さがあり、ブラックは重厚感、カッパーはもっと茶色よりで綺麗な色をしているのですが、まだ慣れないカメラなので色を引き出せませんでした。

 

 

DSC00088

MC9(ゴールド) MC11(ブルー) MC13(グリーン)

 

ゴールドは高級感、ブルーは童心をくすぐられるカッコよさ、グリーンは騎士では珍しい色で個性があって良いです。

 

 

ミクロマンらしさがあるのですが、知らなければミクロマンとは思えない別の玩具さがあります。

正統派な騎士姿はカッコイイです。

 

他にもカラー違いのミクロナイトがあるので次記事に続きます。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

可動フィギュア
1
【レビュー】 掌動 SHODO 仮面ライダーVS7 【食玩】

名称:掌動 SHODO 仮面ライダーVS7 メーカー:バンダイ 発売年:2017年 玩具形態:食玩( …

カプセルトイ
【レビュー】 カプセル素体 素ボディ&ジェットコースター 【誰得?! 俺得!!シリーズ】

  名称:カプセル素体 素ボディ&ジェットコースター メーカー:エポック社  発売年:20 …

可動フィギュア
2
【レビュー】 掌動 SHODO 仮面ライダーVS6 【食玩】

名称:掌動 SHODO 仮面ライダーVS6 メーカー:バンダイ 発売年:2017年 玩具形態:食玩( …