ガチャガチャのミニフィギュアを軽く振り返る

カプセルトイ
1

気がつけば最後に書いた玩具記事から一月経っていました。

少しお久しぶりです。

最近は仕事の残業が1hくらいと少ないのですが、何処か疲れていて、帰宅してご飯を食べて7時半には布団に入る生活をしていました。

(朝が早いので定時は15時です。)

何もやる気がしない無気力になっていましたが、そろそろブログを更新しようかなと、また週一回ペースくらいで書いていこうかなと思っています。

 

 

DSC01077

さて、突然ですが、どちらが300円フィギュアでしょうか?

と、答えが丸分かりそうな簡単な質問ですが、どちらもカプセルトイ、ガチャガチャです。

2年くらい前に発売のタキシード仮面が300円、10年ちょっと前に発売の大きい方のフィギュアがこのサイズで200円でした。

 

昔だからクオリティが低いと思われるかもしれませんが、

 

 

DSC01079

サイズもそこそこ有り、クオリティの高いフィギュアが10年くらい前には多々ありました。

 

原油の高騰から大きめなサイズのフィギュアが作れなくなったのは分かりますが、正直、キャラクター(人物)ミニフィギュアのクオリティは随分と下がりました。

デスクトップシリーズやコップのフチシリーズのヒットでキャラクターミニフィギュアを一時期より見かけるようになりましたが、アイデアは面白くとも、300円の価格に見合う満足感は個人的には無いです。

他にキャラクター物はマスコットキーチェーンくらいで、現在はほとんど見かけなくなりました。(最近ではゼルダくらいでしょうか。)

 

 

DSC01050

キャラクターフィギュアは、割と手頃なフィギュアで完成度が高いプライズフィギュアの方に客層も時代も流れて行ったのだと思います。

 

 

 

RIMG0224_20150716185459803

現在のカプセルトイは、可動フィギュアに合わせやすいミニチュアや、

 

 

RIMG0417

DSC01076

しっかりと可動出切るようになった可動フィギュアが支持を得ているようです。

ミニチュアカプセルトイは、ミニチュアで人気なリーメントがもっと勢いに乗るかと思いましたが、カプセルトイには力を強く入れてないようですね。

 

 

 

随分と前からカプセルトイのキャラクターフィギュアは落ち込んでいて、ネットやリサイクルショップを見る限りあまり人気は無いようですが、軽く振り返って行きます。

この記事では軽く振り返って、個々のシリーズの記事は今後書いていく予定です。

 

 

DSC01080

昔のカプセルトイ(100円)はガン消しなどのSD塩ビフィギュアが多かったですが、200円でもリアル頭身の塩ビフィギュアがありました。

(私はセーラームーンとエヴァンゲリオンしか知りませんが。)

付属のミニブックレットでは綺麗に着色されていますが、こんな風には塗装出来ないと思ったものです。

 

 

RIMG3604

1994年にリアル頭身で綺麗に彩色されているカプセルトイが発売した時は驚きました。

上記のウルトラマンがバンダイのHGシリーズの記念すべき第1弾です。

このウルトラマンは第1弾という事で気合が入っていたのか、同時期のHGより完成度が高いです。

 

 

DSC01082

服は違いますが同じキャラクター。

塗装されていると見栄えの良さが段違いで、ミニブックレットに写っているキャラクターを羨む事がなくなりました。

 

 

DSC01084

HGシリーズのラインナップはバンダイらしく、特撮、ガンダムやロボットが強く、その大きなラインナップの後にアニメなどのキャラクターが続く感じでした。

特撮系は初期から完成度が高いです。

 

 

DSC01083

ガンダムは普通といった感じ。

 

DSC01085

キャラクター(人物)は苦手なようで、カプセルトイで人気だったメーカー、ユージンには長い間大きく遅れをとっていました。

このルリは初期のHGシリーズでよく見られるタイプの顔をしています。

 

 

バンダイは基本的に作りなどが手堅く、パーツのはめ込みがしっかりしています。

対してユージンは、美少女系はエロに走って行き、パーツのはめ込みは悪く、物によっては塗装に汚さが見られる所もあります。

 

 

DSC01086

左のキャラクターのようにユージンのパンツに対するこだわりは強く、バンダイ(綾波の方)はほとんど白いパンツですが、ユージンはキャラクター毎に違う事も多く、

 

 

DSC01088

キャストオフするフィギュアまでもが幾つかありました。

 

 

ユージンは、原油の高騰やバンダイのフィギュアの質が上がり売り上げが下がったなどもあるのか、元の親会社トミー、現タカラトミーアーツと合併して無くなってしまいました。

今もタカラトミーからユージンのSRシリーズの名前が付いた商品は発売していますが。

 

 

 

記事にするのはもう少し先ですが、私の手元に50種以上はカプセルトイがあるとは思うので、今後ミニブックレットに書いてあるアンケートなどを参考にして発売年順で記事を書けたら良いなと思っています。

途中で違う玩具記事を書くこともあるとは思いますが。

メインはバンダイのHGシリーズとユージンのSRシリーズ。

たまに海洋堂やトレーディングフィギュアも記事にします。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カプセルトイ
2
【レビュー】 ナムコ リアルフィギュアコレクション ギャルズ編 Part5 【ユージン】

名称:ナムコ リアルフィギュアコレクション ギャルズ編 Part5 メーカー:ユージン  発売年:2 …

カプセルトイ
【レビュー】 カプセル素体 素ボディ&ジェットコースター 【誰得?! 俺得!!シリーズ】

  名称:カプセル素体 素ボディ&ジェットコースター メーカー:エポック社  発売年:20 …

カプセルトイ
【レビュー】 スターチャイルドコレクション2 【HGIF】

名称:HGIF スターチャイルドコレクション2 メーカー:バンダイ  発売年:2005年 玩具形態: …