【レビュー】 世界名作劇場2 【K&Mミニヴィネットシリーズ】

カプセルトイ
1

DSC02084

名称:世界名作劇場2 アンソロジー K&Mミニヴィネットシリーズ

発売元:ムービック 製造元:海洋堂

発売年:2000年

玩具形態:カプセルトイ 全5種 200円

原型製作:香川雅彦氏

 

 

 

世界名作劇場のミニヴィネットシリーズ第2弾。

 

 

DSC02085

DSC02086DSC02087

ネロとパトラッシュ昇天

『フランダースの犬』より

 

絵画の前で亡くなるラストの場面。

天使やネロとパトラッシュはアニメに忠実ですが、カーテンや床周りはオリジナルです。

天使が舞い降りてくるシーンを作るためのアレンジですが、シーンを上手く演出しています。

 

悲しいながらキャラクターたちの優しい顔が良いですね。

 

私は、フランダースの犬は小さい頃に何度も絵本を読んでいたので、このシーンは涙腺に来ます。

 

 

 

DSC02089

DSC02090DSC02091

ウェンディ

『ピーターパンの冒険』より

 

ウェンディの喜びがよく伝わってきます。

精一杯さが出ているポーズの造形が凄いですね。

 

DSC02096

テディベアなどの小物の造形も良く、雰囲気を盛り立てています。

 

 

 

DSC02093

DSC02094DSC02095

ピーターパン

『ピーターパンの冒険』より

 

ピーターパンの活発さ浮遊感がよく出ています。

キャラクター達はアニメよりフィギュアの方が顔が良いですね。

 

 

DSC02097

2つのフィギュアは1つのシーンになります。

大きさも出てくるのでカッコいいのですが、合体する際にいくつか小道具を外すので少し勿体ない気もします。

 

 

 

DSC02101

DSC02102DSC02103

ティンカーベル

『ピーターパンの冒険』より

 

ピーターパンたちと同じくらいのサイズで造形されています。

髪や羽根のクリアさは綺麗で良いのですが、パーツがボロボロ外れます。

前に重心があるので全く立たないです。

ネットの写真では立っている写真を見ましたがどうやって立たせているのでしょうか。

 

 

 

DSC02098

DSC02099

DSC02100

ラスカルとソーダ水

『あらいぐまラスカル』

 

この弾は幻想さや儚さがあるので、テイスト違いの可愛いラスカルには癒されます。

倒したコップから動き、無邪気さを感じます。

 

 

 

出来るだけ古いカプセルトイから記事を書いていますが、このシリーズは別格、抜きに出ています。

2000年でこのクラスのカプセルトイが出れば、それはヴィネットブームが起きるなと納得します。

 

繊細で綿密な世界観が構築されているので、1つだけでも存在感があり、複数個あればより世界観が広がります。

 

世界名作劇場の3は過去に記事を書いたので、再販版ですが1も後に記事を書きます。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カプセルトイ
【レビュー】 モビルスーツ アンサンブル PART00

名称:機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE メーカー:バンダイ  発売年:20 …

カプセルトイ
【ガチャガチャ】 カプセルトイのミニフィギュア 名作・傑作 10選  【ガシャポン】

1994年からバンダイのHGシリーズが始まり、ユージンのSRシリーズは1998年くらいからでしょうか …

カプセルトイ
【レビュー】 Dr.スランプ アラレちゃん 【HGシリーズ】

名称:Dr.スランプ アラレちゃん メーカー:バンダイ  発売年:2003年 玩具形態:カプセルトイ …