【レビュー】 チビマル ゴジラ 【プラモデル】

ゴジラ

DSC02761

名称:チビマル ゴジラ

メーカー:フジミ模型  発売年:2016年

 

 

SDタイプのゴジラのプラモデルです。

 

 

DSC02763

パーツ数は多くなく、組み立ても簡単。

タッチゲートになっているのでニッパーは不要です。

 

タッチゲートの作りは凄いですよね。

バリもあまり出なく、パーツを切り過ぎてしまうことも無い。

このタイプのプラモデルになれるとニッパーを使うのが面倒臭く感じてしまうほどです。

 

 

DSC02789

全高、足から頭頂は約10.5㎝

 

昔のSDより頭身が高くなった、カッコよくて可愛いデフォルメなゴジラに仕上がっています。

 

 

DSC02788

目と口内はシール。

それ以外は色分けされています。

 

パーツの光沢はかなり出ていてツヤツヤです。

(つや消しスプレーをかけるとゴジラっぽい質感は増しました。)

 

爪パーツは小さいので失くさないように注意が必要です。

 

 

DSC02790

背中のトゲは蓄光するので、暗所で光ります。

トゲは10個のパーツを差し込んでいるだけなので、外れやすかったり、トゲを真っすぐ揃えて差し込んでも斜めになってりしてしまうことも。

 

 

DSC02792

DSC02793

舌が別パーツで立体的になっているので生物感があります。

爪や歯の乳白色はデフォルメの中でもリアルさを引き立てています。

 

目のシールは3タイプ。

写真のハイライトのある茶色系の目が1つ、ハイライト無しの茶色系、黄色系から選びます。

シールを貼る前はこの目で良い顔になるのか心配でしたが、出来上がってみるとカッコ良かったです。

 

顔の中心にパーツの合わせ目がくるので、そこは少し目立ちます。

 

 

DSC02791

放射熱線・放射火炎パーツも付属。

このゴジラのデザインにあった攻撃パーツかもしれませんが、熱線には見えないです。

 

 

DSC02795

可動域は狭いですが、口、首、腕、腰、脚、手、足首は可動。

肘、尻尾はロール可動します。

上半身と下半身はジョイントが短いのか、外れやすさがありました。

 

 

DSC02868

 

 

SDですがプロポーションも良く、簡単に組み立てられる良いプラモデルでした。

プラモデルを作り慣れてない方でも完成は難しくないと思います。

 

可動域は狭いのでガンプラや最近のアクションフィギュアのようにガシガシ動かせないですが、もともと大袈裟な動きをする怪獣ではないので気になる点では無かったです。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プラモデル
【レビュー】 PLAMAX ミリタリーキューティーズ ネーネ Nene 【山下しゅんや】

名称:PLAMAX MF-01 minimum factory 山下しゅんや ミリタリーキューティー …

ミニチュア系
【レビュー】 プラ・アクセサリー01:トラス(角) 【MODELING SUPPLYシリーズ】

名称:プラ・アクセサリー01:トラス(角) メーカー:ピーエムオフィスエー  発売年:2013年 & …

カプセルトイ
【レビュー】 円谷英二セレクション 【バンダイ HG】

名称:円谷英二セレクション メーカー:バンダイ  発売年:2001年 玩具形態:カプセルトイ 200 …