【レビュー】 掌動 SHODO ウルトラマンVS ヴァーサス 【食玩】

可動フィギュア
2

DSC03670

名称:掌動 SHODO ウルトラマンVS

メーカー:バンダイ  発売年:2016年

玩具形態:食玩 全4種

 

 

可動フィギュアシリーズ『SHODO』のウルトラマンシリーズです。

 

仮面ライダーはキャラクターごとにパッケージが違いますが、ウルトラマンは全キャラクター共通で、箱上の名前を見て好きなキャラクターを選べます。

 

 

DSC03671

DSC03672DSC03673

ウルトラマン

 

全高約10㎝

手首以外はプラスチック素材です。

 

造型は若干猫背になっているのにこだわりを感じます。

背面は仮面ライダーBLACkなどと同じで塗装がされていません。

 

背中にはジョイント穴があります。

 

DSC03674

可動は、 顔、肘、腕のロール可動、胸、脚、膝、足首、と、大体動かせます。

写真の位置まで脚が上がり、外側に開けます。

 

 

DSC03677

SHODOのライダーと。

ボディの構造は大体同じですが、股関節の作りが変わって脚のロール可動がなくなりました。

 

 

DSC03675

顔や造型はとても良いですが、塗装は一部乱れが見られます。

 

 

DSC03676

ウルトラマンの付属品は、

ハンドパーツ3種×2、ハンドパーツも差し込めるスタンドパーツ。

 

 

DSC03679

DSC03680DSC03681

ウルトラセブン

 

ウルトラマンより金属感の強いシルバー塗装で塗られています。

背中のラインが塗られていないのですが、この短い長さなら塗って欲しかったです。

 

頭部のアイスラッガーは取り外すことが出来ます。

 

DSC03682

ハンドパーツ3種×2と、

 

DSC03683

アイスラッガーを握った手が付属しています。

 

 

DSC03684

DSC03685DSC03686

ゼットン

ウルトラマンより少しサイズが大きく、全高約11㎝

 

ゼットンは脚にロール可動があります。

ボディの造形上可動域は狭く、顔はほとんど動かせません。

 

黒地に白塗装なので、若干下地が透けて見えます。

 

 

DSC03687

サイズは大きく感じますが、足の裏など肉抜きがあってかなり軽いです。

 

付属品は黒いスタンドがありますが、怪獣にはハンドパーツが無いので、ハンドパーツ置き場が無いシンプルなスタンドになっています。

 

 

DSC03688

DSC03689DSC03690

キングジョー

 

塗装は簡略されていますが、ポイントは抑えてあるのでそこまで気になりません。

成型色はなかなかに良い色合いです。

 

造型は細かく作られています。

 

DSC03691

こちらも造形上脚がほとんど上げられません。

 

 

DSC03692

簡単に加筆しましたが、怪獣は少し色を塗るだけで大分カッコよくなりました。

 

 

DSC03693

DSC03694

 

 

DSC03695

・・・間違えてウルトラマンのハンドパーツを付けていました。

 

DSC03697

DSC03696

 

DSC03698

ウルトラマンVS仮面ライダー

 

DSC03699

 

 

66アクションの時はウルトラマンがシルバー塗装されていなかったので、SHODOは大丈夫かなと少し心配していましたが、心配はよそに満足出来る完成度でした。

塗装がほんの一部塗られていない事、跳ねは気にかかりましたが、造形面や可動は秀逸です。

 

 

 

私はウルトラマンの怪獣はあまり知りませんが、この怪獣にはどちらも思い入れがあり、キングジョーは幼い頃か塩ビフィギュアで気に入っていて、

RIMG3595

 

ゼットンはSFCのゲームで苦労して最終面に行ったら敗れて悔しかった思い出があります。

 

 

ライダーもそうですが、SHODOシリーズは特に敵役側が魅力的ですね。

立体化の機会が少ないキャラクターが可動フィギュアで、更には高い完成度で登場するのは嬉しいです。

バランスよくヒーロー側を混ぜてラインナップをつくるでしょうが、怪獣、怪人だけの弾で発売したら私的には有り難いです。

 

バンダイさんは、昔はゴジラの食玩もよく出していたので、シンゴジラの話題がある内にでも、たまにはゴジラの可動フィギュアを出してくれないかなぁと、ゼットンやザンジオーなどの怪獣、怪人を見ていると思ってしまいます。

 

同社のSHフィギュアーツシリーズでもウルトラマンを展開しているだけあって、値段相応にグレードを下げているはず。
…なのに格差をあまり感じさせない、この出来栄えは流石だなあと感心してしまいました。

ネタ要員としてはコスパ最高のアイテムですね。

この値段でこの完成度は満足度が高いですね!
ガチャと違ってダブらないのも良いです(笑

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カプセルトイ
【レビュー】 カプセル素体 素ボディ&ジェットコースター 【誰得?! 俺得!!シリーズ】

  名称:カプセル素体 素ボディ&ジェットコースター メーカー:エポック社  発売年:20 …

可動フィギュア
2
【レビュー】 掌動 SHODO 仮面ライダーVS6 【食玩】

名称:掌動 SHODO 仮面ライダーVS6 メーカー:バンダイ 発売年:2017年 玩具形態:食玩( …

可動フィギュア
【レビュー】 掌動 SHODO ウルトラマンVS2 ヴァーサス 【食玩】

名称:掌動 SHODO ウルトラマンVS2 メーカー:バンダイ  発売年:2017年 玩具形態:食玩 …