【レビュー】 リボルテックミニチュア 惣流・アスカ・ラングレー

可動フィギュア

DSC06374

名称:リボルテックミニチュア 惣流・アスカ・ラングレー

メーカー:海洋堂  発売年:2009年

 

『CR新世紀エヴァンゲリオン 最後のシ者 攻略文書/リーチ編』特別ふろく

雑誌の付録フィギュアです。

 

 

DSC06378

DSC06379DSC06380

スーツのツヤありが印象的。

フロイラインの綾波といいパイロットスーツのツヤ感はこだわりでしょう。

 

脚というか、大腿が長く感じ、何処か間延びして見えます。

 

顔は可愛い方だと思いますが、ふっくら感があり、リボルテックのアイマスに少し似てるかな。

 

 

DSC06383

リボ球は使ってなさそうです。

髪が干渉するので肩はあまり開かなく、腰は前後可動のみ。

足首もボールジョイントではないので、外に開く感じで可動。

肘にはロール可動がありますがジョイントプラ棒が非常に細く、簡単に割れそうな気配があります。

 

内股なので立たせるのは不安定です。

 

DSC06385

全高は約12cm。

リボルミニより気持ち大きく、リボルテックよりは大分小さいです。

大きさは中途半端な印象があり、手持ちのミニチュアとは全くサイズ感が合わなかったです。(スネークでサイズ感がギリギリ。)

 

 

DSC06384

パレットライフルとスタンドが付属。

手首や表情といったパーツは無しです。

 

 

 

肘に不安がありますが可動面は若干癖がありつつもボディはそこそこ動かせます。

ふろくとしては良いですが、少し物足りなさみたいなのもあります。

 

海洋堂の小さいサイズのアクションフィギュアの方向性は好きです。

日本での3.75~4インチのキャラクター(版権)フィギュアは多くないので、このサイズ感(より少し小さく)で攻めて行って欲しかったです。

大きいフィギュアが多くて置く場所に困ってる層、バリエーション豊かになったミニチュアと遊びたい層、このサイズ感が好きな層などなどに向けて、現在の更に精巧になった技術でリボルテックミニチュアやリボルミニが登場したらまた状況が変わって行きそうな感じがしますがどうなんでしょう。

 



コメントはまだありません

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

食玩
ちょこっとレビュー スプラトゥーン2 きせかえギアコレクション3

名称:スプラトゥーン2 きせかえギアコレクション3 メーカー:バンダイ 発売年:2018年 玩具形態 …

アニメ、ゲーム系
ロックマン バトルセット2  ロックマン VS バスターブルース

名称:ロックマン バトルセット2 ロックマン VS バスターブルース メーカー:バンダイ &nbsp …

可動フィギュア
レビュー SHODO-X 仮面ライダー 掌動駆

名称:掌動駆 SHODO-X 仮面ライダー 発売年:2018年  メーカー:バンダイ 玩具形態:食玩 …