【レビュー】 新色 カプセル素体 素ボディ&レーシングカート 【カプセルコレクション】

カプセルトイ

名称:新色 カプセル素体 素ボディ&レーシングカート

メーカ:エポック社  発売年:2016年

玩具形態:カプセルトイ 全4種 300円

 

 

素ボディシリーズ3種類目の発売。

今回は第一弾の色違い版になっています。

 

 

DSC03365

DSC03366DSC03367

1 素ボディ(グレー)

 

1弾の色違いですが、関節の保持力は2弾からの引継いでいます。

個体差だと思いますが、股関節は2弾よりしっかりハマる印象があり、関節パーツは2弾より外れやすくなった気がします。

 

 

DSC03368

素ボディ(バイオレット)

 

 

DSC03369

3 レーシングカート (ブルー)

4 レーシングカート (イエロー)

 

レーシングカートも色以外は何も変わりはなさそうです。

 

 

DSC03370

 

 

 

DSC03372

素ボディも全6色、黒ボディは2体居るので5体を並べましたが、カラーバリエーションが豊かになってきました。

 

第1弾の素ボディを久しぶりに触りましたが、他の弾に比べると股関節が外れやすく、保持力も弱いなと改めて実感。

 

 

 

2弾の記事で素ボディにシールを貼っても面白いのではないかと書いたので貼ってみました。

 

DSC03364

100均で面白そうなシールがあったので、少しアートトイっぽさが出ればいいかなと。

 

 

DSC03375

個人的にはアリなのではなかと、結構気に入っています。

 

 

 

色違いなので特に目新しさは無かったですが、ただの再販より色違いで登場したのは嬉しいところでした。

色は、第2弾はカスタムカラーさがあってカッコよかったですが、今回は無機質さやロボットさを意識したのか地味な印象。

 

まだこの素ボディの構造で行くのでしょうが、今回触っていて飽きを感じてきたので、シリーズが続くのなら何かしら変化が欲しくなってきました。

カラーも揃ってきたので。

 

可動に関してはいくつか要望があります。

股関節の可動タイプのジョイントパーツは悪くは無いですがどうしても外れやすさはあるので、股関節はボールジョイントの方を採用して欲しいと改めて思ったり。

手首の可動追加と、安定性が増すように足の大型化など立たせやすさをアップして欲しいです。

そうすると値段は上がるでしょうが、人力車のように400円のカプセルコレクションもあるので、値段が上がっても『可動フィギュア』の向上をして欲しいと個人的には。

同可動タイプのドクロマンも400円ですので、このタイプのフィギュアの購入層でしたら安価さより質の向上を求めるのではないかと。

(対象年齢が15歳なので恐らく子供は視野に入れてないでしょう。)

 

実際、こういう型が出来たシリーズからの変化は無いでしょうが、私にとって現在一番楽しみなカプセルトイです。。

 



コメントはまだありません

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

可動フィギュア
レビュー SHODO-X 仮面ライダー 掌動駆

名称:掌動駆 SHODO-X 仮面ライダー 発売年:2018年  メーカー:バンダイ 玩具形態:食玩 …

可動フィギュア
レビュー 66アクションダッシュ ロックマン2 ROCKMAN2

名称:66アクションダッシュ ROCKMAN2 メーカー:バンダイ  発売年2018年 玩具形態:食 …

カプセルトイ
【ちょこっとレビュー】 換装重機AA

名称:換装重機AA メーカー:バンダイ  発売年:2018年 玩具形態:カプセルトイ  300円 全 …