【レビュー】 超合金 マイメロディ (あか)

その他ロボット

DSC06681

名称:超合金 マイメロディ(あか)

メーカー:バンダイ  発売年:2016年

 

 

DSC06669

DSC06670DSC06671

マイメロディのミニフィギュアとマイメロディ(本体)

 

本体の方はキティと違いダイキャスト部が減り、大分軽くなりました。

耳や赤い頭巾はプラスチック製です。

 

 

DSC06672DSC06673

尻尾を回せばコクピットが出現。

 

 

DSC06674

ミニフィグのマイメロの下部に突起(スプーン)があるので、それを引き抜いてコクピット上部に引っ掛けてハッチをオープンさせればフィグを乗せられます。

マイメロの中にマイメロが乗っている姿はシュールでも可愛いです。

 

 

DSC06675

DSC06677

耳横にある突起を押せば先端のハートマークが発射する『おねがいぱんち(両みみ)』

 

 

DSC06676

足裏には車輪装備。

 

 

DSC06678

胴体をたおし、両みみを後に倒せば『宇宙巡航モード』

 

DSC06679

胴体をたおすとバイザーとコクピットが出現します。

このギミックは見事です。

頭の上のミニマイメロは元から頭部に備え付けられているものなので、取り外すことは出来ません。

 

 

DSC06680

コクピットの後はいちごデザインになっています。

 

 

DSC06649

キティちゃんと。

 

 

ダイキャストの比率はキティに比べて大幅に下がり、軽くもなりましたが、その分本体のバランスは取りやすいです。

プラスチック部分が多い分、宇宙巡航モードの面白いギミックがあるので、プラスチックが多い事への不満はありませんでした。

 

宇宙巡航モードのギミックは本当にいいです。

顔を倒すだけでバイザーとコクピットが出現するのは男心、子ども心をガッツリつかまれます。

このギミックからかキティよりマイメロディの方がロボットっぽいです。

キャラクターっぽい方がいいか、ロボットっぽい方がいいかは好みが分かれそうですね。

どちらも『遊べる』玩具ですが、キティの方がギミックや変形モードは多くとも、マイメロディの方が大掛かりな変形なので遊べる感があります。

サンリオと超合金のコラボはこの2キャラクターで終わっていますが、どちらも女の子が好むキャラクター。

そのギャップを狙ったのでしょうが、私的にはサンリオ男キャラクターの代表格、けろっぴにも参戦して欲しかったです。

 



コメントはまだありません

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

色々な玩具
【レビュー】 超合金ロボニャン 【妖怪ウォッチ】

名称:超合金ロボニャン メーカー:バンダイ  発売年:2015年     ジバニ …

色々な玩具
【レビュー】 超合金 ジバニャン 【妖怪ウォッチ】

  名称:超合金 ジバニャン メーカー:バンダイ  発売年:2015年   &n …

ミニチュア系
【レビュー】 お茶犬 ちゃぶ台でごはん なごみのお家シリーズ

名称:なごみのお家シリーズ ちゃぶ台でごはん メーカー:セガトイズ  発売年:2002年 &nbsp …